日記・思った事
 26, 2017 00:05

父上の電池交換の儀に立ち会うため、また母をサポートするための計画的帰省中。

父上の電池交換、そろそろ今年くらいだよなーと思ってはいたが、
ネットでぐぐると、日帰り手術だとか、簡単だとかしか情報を拾えなくて、
楽勝ねこれ?程度の認識だった。
なのに、入院手術で一週間。なんで?と思っいつつ本日先生の説明をきいてきた。
高難易度手術とは思わないが、それでも最初の印象とちがって「電池交換なめててごめんなさい」な感じ。

感染症、症状でてない心房細動、電池交換時におこりうるトラブル…といくつかの説明を受けた。
「何かありましたで」は済まされないからの事前説明とわかってはいるけれど、
ターゲットは心臓。止まったらゲームエンド。
当人の父上、パートナーの母上の心中複雑であろう。
自分はというと、彼らの心中を想像してからドキドキするという、少し他人目線な感じに「冷たい娘だなあ」と苦笑いしてしまったw