いやー、シルバーウィークは旦那殿が夏休みをつけたため、
超大型連休になってしまった。
シルバーウィーク突入前の平日に、ドライブとかして、後半は自宅でまったり過ごした。

というわけで、移動は車、あとは引きこもっていたあいだに、お外は秋になっていた。。。
別にうちから出なかったわけじゃないけど、歩いてはじめて分かるこの感じ。
金木犀がとってもイイカンジになっていて、はーっ、きもちいいー!(๑•̀ㅂ•́)و✧

とてもいい季節になっているのだが、ワタシのまわりは不穏なムードだ。
親のほとんどが(3/4)体調に問題を抱え、愚息もなんだか不穏なオーラをだしてる。

こんな気持ちいい季節なのにっ!もう!

でもあまり気にしてないです。
出来ることはするけれど、みんな大人だもの。自分で決めてすすむよね。

さっさと仕事終わらせて、散歩に行かなくては。
秋はあっという間に過ぎ去ってしまう。


子供が小さい時は、ゲームよりも子育てという「リアル育成ゲーム」に没頭していた。
子育ては、作られたゲームのストーリーをなぞるのと違い先が読めない。
なかなか目が離せない。子供は苦手な方だったが、自分の子供はものすごく可愛かったしねw

とはいえ、子供が大きくなってくると時間はできてくるもので、
PSを買ってまたゲームを楽しむ時間が訪れる。
クロノトリガー、ドラクエ、FF、ロマンシングサガ、、、他にも色々。
ゲーム機も色々増えてきた。セガサターン、ドリームキャスト。ああたのしい♪

そして転機は訪れた。
再びゲームに没頭する日々が訪れた。
その時出会ったのが、オンラインゲーム。MMOだ。

オンラインゲーム(英: Online game)
主にオンラインによるコンピュータネットワークを利用したゲーム(コンピュータゲーム)。
略して、オンゲー、ネットゲーム、ネトゲとも呼ばれる

MMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)
大規模多人数同時参加型オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種
コンピューターRPGをモチーフとしたものを指す。


ここに逃げ込んでしまった。
そう、逃げ込んでしまったのだ。
誤解しないで欲しいのは、オンラインゲームや、バーチャルと言われるこういう場所は、逃避場所ではない。
リアルも充実して過ごし、ゲームとして楽しんでいる人がほとんどだと思う。
けれど、ワタシのきっかけは、多分現実逃避だと思う。認めたくないものだけどw

自分は問題を放置はしない方だ。とりあえず戦う。
けれど、勝てなかったり解決しないことってある。
結果自分は、そこから逃避したんだと、今振り返るととても感じる。

もともと多趣味だし、友達も多かったし、いわゆる「リア充」なのに、
何から逃げたのかって、きっと自分の中の自分から逃げたんだろうな~。
いまだこの部分と対峙できてないw あと5年くらいしたら考えるw

とにかくこうやってネトゲに入り込んでいったのでした。 つづく♪

ワタシは真正BBAだ。
親の介護心配とかしながら、ボチボチ仕事もして、そしてゲームを趣味としている。
そんなワタシがゲームをはじめたのは、そう、あれは…

バブルを謳歌した若かりし頃は、遊べるだけあそんだ。
なかなかに際どい遊びもして、アウトドア、インドア、夜遊び、
ひとりであちこち、友達とあちこち、
仕事も全力で楽しんだし、いろんな意味で力いっぱい遊んだと思う。

遊びきって25くらいに結婚した。
ワタシのゲーム歴はそこからはじまる。

望んだ結婚だったのだが、いざ共同生活に入った時に感じたは、
「自分ひとりの時間がない」
これが最初のハードルとなってしまった。
思い返せば、幼い頃から自室を持ち、
両親とのコミュケーションを夕食時に楽しんだあとは、部屋で好き放題。
その後はひとり暮らしと、ひとりの時間がなかったことはなかった。
結婚してそれがはじめてなくなってしまい、焦ったわたしが見つけたのが
「スーパーファミコン」だったw

ドラクエ、FF、ゼル伝。
短時間だろうが、没頭してるときは、ひとりの時間を楽しめる。
部屋にだれか居てもね。

そのうち子供が生まれて、家庭内で時間がとれなくなったあたりにはゲームボーイでポケモンを、
子供がある程度大きくなったら一緒に遊べるようになり、
気が付くとゲームが趣味になっていた。

加減さえ出来れば、ゲームって本当に楽しいツール。
やり過ぎちゃうとアレだけど。

いろんな趣味とならんで、ゲームが書き加えられたのが、この時期でした。