購入&入手 ノ記録
 05, 2013 11:33

きっかけのアルバム

20131205_DSC01858.jpg

数日前にamazonでぽちっとしたCDが届いた。

ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック

これ復刻版のCDなのだ。
歳がバレちゃうけ、最初はレコードで出ていて、
それを買ったのは小学校の卒業式の日だった。

卒業のお祝いにレコードを買ってくれると聞いていた私は、
卒業式終了後、友達が握手をしたり話をしているのをそっちのけで即行で家に帰り、
父の車でレコードを買いにいった。
買ってもらったのは、

 ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック
 BEATLES / LOVE SONGS(2LP)

どちらも本当に気に入っていて、しつこい私はその後何年も聞き続けた。
このルパンのサントラ、私がその後RockだけではなくJazzも好きになっていくきっかけの一枚だ。
ルパン三世のアニメももちろん大好きだが、
音楽だけでこんなにドキドキできるんだ~と感動した。
ショパンの幻想をはじめて聞いた時と同じような衝撃だった。
このレコードを聴いてから、大野雄二を聞き、当時人気だった渡辺貞夫のライブにいったり、
ブルーノートを知り、どんどんJazzを聞くようになった。

サントラらしく、途中に声優の声もはいっている。
ルパンも代替わりし、今ではきけなくなった彼等の声をききながら、
小学生だった自分が胸あつくしてこのレコードを握りしめていたことを思い出した。
ノスタルジック♪

コロンビア 視聴:ルパン三世のテーマ(「ルパン三世のテーマ’78」/アルバム用ミックスVer.)