酒ノ記録
 30, 2013 10:01

純酒粕取焼酎 天鷹五年古酒43度

天鷹 焼酎

那須旅行でキリンさんいただいたこの焼酎。
天鷹酒造で、この時期しか売ってないお酒なのだそうだ。
43度と破壊力のある度数。酒飲みさんたちの舌をつかむ香り。
美味しいお酒です!!!
「強いお酒だから、チビチビと楽しむのがいいよね~」
と話していたはずなのだが、あれ?ガンガンw?
食事後半に瓶は空になっていたw

このあとに日本酒を開けたのだが、こっちのパンチが強すぎて、
甘くてさらさら‥。
順番って大事ですね^^;;;;
お出かけ・お散歩
 30, 2013 09:40

板室温泉 大黒屋

那須塩原にある、板室温泉 大黒屋に宿泊してきた。
落ち着ける、良いお宿でした^^

板室温泉 大黒屋

板室温泉 大黒屋
板室温泉 大黒屋
板室温泉 大黒屋
美味ノ記録
 30, 2013 07:38

ホウライのミルクコーヒー

千本松牧場 ホウライのミルクコーヒー

週末に那須塩原に行ってきた。
西那須のICを降りてすぐにある、千本松牧場で買ったこのミルクコーヒー。
試しにとひとつ買って飲んだら美味しかった!
よくある「砂糖入りコーヒーにちょっと牛乳はいりました」的な味ではなく、
ミルクが濃い感じの味。甘味は砂糖でなく、乳糖の自然な甘味を生かしていると書いていた。
もっと買ってくれば良かったw

ホウライのミルクコーヒー
今週あたまから、帰省中だ。
祖母の離れを解体するべく、日々お片づけをがんばっている!
あとご飯支度ね!!

家中ひっくりかえしてのお片づけ、ガンガン進むはずだったのだが、
帰ってみると、母が夏バテ→夏風邪でへたへただ。
私が帰ってご飯支度を請け負っている事で、表面上少しはよくなったようにみえるが、
夏風邪、おそるべし。そう簡単になおらない。

母は大変痩せている人だ。
155センチ位の身長で、体重は40キロあるかないか。
わたしは父に似て、何もせずとも筋肉の鎧付きという、あまりうれしくない体格。
しかもよほど具合が悪くならない限りは食欲が失せない。
しかし母は蓄積が全くない。
こうして少し具合が悪くなると、あっという間に僅かな蓄積も消費する。
とりあえず、せっせと食べさせてみるが、もともとカロリーが高そうなものを好まない上に、
無理して食べると下痢をする^^;;いやはや、こまるよね〜。

とう感じで、今回の帰省は父母祖母への食事の供給がメインミッションとなりつつある。
片付けはというと、あまり私が熱心にやると母が気になるらしく、
現場で一緒に作業をはじめるので、ぼちぼちと…。

たいして疲れないのに、21時には自室にこもる毎日なのだが、
実家にはインターネットがない。
おやすみ〜と自室にあがり、聞こえてくるのは、ケロちゃんの鳴き声だけ。
窓をあけると星空のみ。
レシピを探しに、ネットに接続。お店の営業時間を検索にネット接続。
病院さがしてネットに接続。
…結構こまめにネットで検索していたことを思い知る。

今はモスバーガーで無線LANに接続中だ。
まあ、いいんだけどねー。
昔はネット無かったんだから。
片付けをしながら、昔読んだ本に手をのばしてみる。
「ママ・グランデの葬儀」、ああ、読んでたねえw
ネットがあって、ゲームばっかだと、後回しになってしまう本、たまにはゆっくり読んでみるか。
写真日記
 12, 2013 09:31

ユリとクールミント

20130708_DSC01139.jpg

6月の末に元同僚のみなさんが遊びに来てくれた。
みんなから、お酒やつまみやデザートをもらって、久しぶりのみんなの話に楽しい時をすごす。

その時上司だったエブリーヌ殿が、大きな花束を持って来てくれた。
大きな花瓶がなくて、いつものイッタラの花瓶にオアシスを敷いてリビングにおいた。
ゆりってゴージャスだなあ‥。山奥に咲いているそれをみても、何も思わなかったが、
こうやって部屋の中にあると、都会的な美人だと思った。そうね銀座あたりに居そうなw

もらった時につぼみだったユリの花、少しずつ花開き、結局一週間楽しませてもらった。
最後はハートランドの瓶にさし、
クーラーもかけない、暑い部屋で、その香りと共になごませてもらう。

8日楽しんでさよならした後、
なんだかリビングが一気に寂しくなったので、収穫したクールミントを瓶にさした。
逆光に派脈がうかんできれいだ。
そして、いつものハーブを眺めながらひとつ思った。
うん、たまにはユリとか買ってこようw

20130711_DSC01166.jpg
写真日記
 11, 2013 22:13

ナミビアの色

20130711_DSC01172.jpg

一昨日、アニキ壱号と代々木公園で呑んできた。
蕎麦でイッパイ♪ うーん、いいねえw
下の写真は新正のNO6(ナンバーシックス)。おいしかった♪

アニキ壱号は、「テイネン」で「テンセキ」したので、
節目記念に、夫婦でアフリカに行ってきたそうだ。アフリカ!!!
たまたまメールをしたら「今ナミビア~」とのレス。お土産に写真をおねだりしていたのだった。

アフリカが好きとかそういうのではないのだが、砂漠には特別な憧れがある。
なんだろう‥、幼い時から心惹かれる物語には砂漠が描かれていた。
中学くらいからは、中近東、砂漠の民のリアルを読み知るようになり、また別の興味も沸いてきた。
最近は、難しいこと抜きで、純粋に砂漠という自然に驚異というか脅威というか、そういうものを感じる。

その土地に、行かねば分らない色がある。
旅行のお土産に写真をお願いするのは、その断片を感じ取りたいから。
行かねば絶対にわからない。けれど想像することは出来るから。
千葉のはじっこの、小さな家の中に、大きな砂漠をイメージしてみる。

20130709_DSC01158.jpg
酒ノ記録
 11, 2013 09:24

7月の一升瓶

20130707_DSC01142.jpg

今月の一升瓶^^
夏はやっぱりハイボールですよね~♪ 向かって左はウィスキー。
鎌ヶ谷にあるいずみやさんのブログをみると、なに!店主がお願いして出来たお酒なのか!?
美味しいです。ハイボールとロック、どっちもいけます。
本当はあまり教えたくない‥。売り切れちゃうから‥^^;
もう一本お気に入りの一升瓶ウィスキーがあったのだが、
売れすぎて数年待たないと商品がない状態らしい。
>こだわりモルトの地ウィスキー | 本坊酒造

瓶も涼しげ夏限定のペンギンラベル。向かって右は芋焼酎。
この芋焼酎。夏verだけあって、大変飲み口がよろしい。
気がつくと、どんどんグラスに継ぎ足していた。
危険な、大変危険な酒だw
>芋焼酎 夏のまんねん | 渡邊酒造場

この一升瓶、いつまでもってくれるだろうか‥。
日記・思った事
 09, 2013 00:47

親子の距離感

深夜にラジオでJazzをききながら、
夏限定の焼酎をロックでいただきつつ、
家計簿用Excelファイルのマクロを組んでみたりする。勉強がてら。
猫も夜は涼しいようで走り回っている。昼間は家の中のどこかに潜んでいたくせに。

さて、今週末ほどからまた実家に行く予定。
今回は祖母の引っ越しの手伝い。
引っ越しといっても、離れを解体するために、隣の母屋に引っ越すのだが、
まあモノが多くて、それを仕分けして移動するのが今回のミッション。
結構時間がかかりそう^^;
滞在予定は長くても10日位と思っている。

前回帰省した時に思ったことがある。
実家だし、親とは仲も悪くない。けれど長く一緒にいるのは、なかなかシンドイ。
一緒に住むと決まればまた違う覚悟もあるのだろうけれど、
私だけではなく、向こうもちょっと「疲れる」ようだ。

高校を卒業して家を出てた。
この歳まで別々に暮らしていれば、お互いにお互いの生活ペースがある。
価値観や好みも結構違ってくる。当然だ。違う環境で暮らしていたんだから。
とはいえ、お互いを気遣い今までやってきて、そして親に手を貸さねばならない時期にきた。
子供の頃から、この時期の事は考えていたので、別に嫌でも負担でもないのだが、
想像していたのと、距離感が違っているようだ。

こちらとしては、負担を減らそうと手を出しかけるのだが、
親には親の思う段取りがあるので、それを無視しては何事も進められない。
親が体や他にも色々、思ったように進められないジレンマは感じられるので、
なるべく意向に沿うようにと思うのだが、たまに「何がしたいんだろう?」とどっと疲れる時がある。
このタイミングで親も疲れを感じるようだ。
母とはストレートな会話しかしないので、そのような事を言っていたので、お互い様かと思ったw

今年はもっと頻繁に実家と行き来をしようと思ったが、
様子をみつつ少しずつ距離を縮める事にした。
親には親の生活があるように、自分にも生活がある。
どういう距離感になるかは、この先に進まなければ分らないが、
大事に思う気持ちがあれば、なんとかなるだろう。

不可侵条約。付かず離れずが、私と親、私と愚息の関係なのかもしれない。
雷蔵が、そういう距離でねころがって、にゃーと鳴いている。