120229_312.jpg

朝、通勤電車で座れた。ラッキー。
でも、爆睡して降車駅であわてて降りたら、膝の上の折りたたみ傘を落とした。アンラッキー。
会社でも、Photoshopで作った画像、保存前にアプリがフリーズ。超アンラッキー。

傘を忘れたのは、これで2回目。
前の傘は出てこなかった。どっちもシビラの傘。
なんだかなあ…。

ぐだぐだ、一日、こんな感じ。

会社帰り、駅をまわって、傘が帰ってきた。
今日はアンラッキーデイだとおもったけれど、±0。
良い感じに普通の日になる。

おかえり、傘。忘れてごめんね。
今日はどんな一日だった?
120225_303.jpg

昨年、黒子たんからいただいたものがある。
このシャンプーと、コンディショナーだ。

ローズ ド マラケシュ クレイシャンプー &コンディショナー


ローズ ド マラケシュ オフィシャルサイト

うーん、普段わたしが使うシャンプーの5倍以上の値段w!
大事に大事に持っていたのだが、ついにつかったw
黒子たん、ありがとう、ありがとう。すっごい良い感じです^^

なんとも頭皮がスキッとする感じ。さすがガスール。
うちの庭のドロは、手が黒くなるだけだがなあw
さらに個人的好みで、マラケシュって言われると、それだけで、すごく素敵な気分になるw

じゅのっちにも使わせてみた。
風呂上がりに、ダマスクローズの香りを振りまいていたwww かなり笑えたw

自分の薔薇の香りにむせながら、なんて贅沢なんだと、大変幸せな気分を味わった。
日記・思った事
 28, 2012 22:52

嫌気がさす時

私は、美人でもなければ、頭脳明晰だったり、運動神経抜群だったりもしない。
家柄が良いわけでもなく、何かに長けているわけでもない。
特に人の気は惹かない、良いとこ悪いとことりまぜ、普通の人間だ。

特に何を言われた訳でもないけれど、態度でわかる事ってある。

私の学歴をきいて、「ふーん」と興味なさげに、挨拶もそこそこだった人が、
ある日誰からきいたのか、私にマスメディア系の人脈があると知ると、ニコニコを話しかけてきた。

その人の価値観が見えた。
人のつながりって、そういう計算尽くなの?

ああ、気持ちが悪い。
日記・思った事
 28, 2012 01:03

毎回おもいつつ…

「宝くじがあたったら」

と、毎回思うのだが、毎回買ってないw
これじゃあたらないwwww
120220_297.jpg

今読んでます。
すぐ読める分量なんだけれど、何度も読み返してみてます。
すごいなあ。
私もこんな事がしてみたい。

読後の感想は、後ほどここに書き足しときます^^;


* 2/26 追記 ドラの感想
読んでみました。本はいまじゅのにバトンタッチ。
「自然と闘わない栽培」、すごいです。
書くと一言だけれども、これを実際やっていくのに、普通なら越えられないハードルがたくさんあったはず。
わたしなら、近隣の方など、人との摩擦が一番堪えそう。
そこらへんは、『奇跡のりんご』の方で、木村さんの物語として読みました。
そして、2冊目がこの本で良かったです。
『奇跡のりんご』では、木村氏の目指す方向が筆者の目を通すことによって、
きっとより身近に理解出来、続き『百姓が地球を救う』で木村氏自身の伝わったような気がします。
プロの【百姓】の言葉を、【本のプロ】が整えた感じは受けましたが、わかりやすかったです。
まず、自然農法に大変興味がわきました。
今、これはマイブームですw
農薬の脅威、なんとなく感じてはいたのに、「みんな食べてるし大丈夫でしょ」と見て見ぬふりをしていたのだなと、
自分の打算フィルターが怖くなりました。

弘前市はわたしの田舎の、地図上でちょっと上にあるところ。
近かった為、リンゴ畑は小さい頃から何度も見ています。農薬で白くなった葉っぱも覚えています。
木村氏のいう田んぼの風景も頭の片隅にありました。
幼稚園から一年生くらいの記憶と思いますが、
祖父の田んぼの田植え、稲刈りに、父や叔父叔母が招集されると、
子供たちは、春は田んぼの脇の小川、夏は用水路の脇(危ないんだけどね^^;)でドジョウをとって遊びました。
小さな小川で石をつんでダムをつくり、タニシをいれてみたり、ヤゴをみつけたり、
今でも目の奥に焼き付いています。
フックにも体験させたくて、何度か連れていったのですが、もう見られない風景です。

自然農法への興味とともに、
2冊読み終えて感じたのが、「やりとげる力」です。
これについて書くとすごーく長くなりそうなので、また機会があればw
自分の疑問や気持ちを投げ出さないでやっていかなきゃねと、改めて考えさせられました。

book
 20, 2012 01:19

奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴ

会社の図書館にあった、「奇跡のりんご」
ちょっと前に、かなり話題になった、無農薬でりんごを育てている木村さんの本だ。
青森県弘前市は、私の実家の真上にあり、
子供のころから秋田市に出るよりこっちに行った方が本も服も買いやすく、
弘前のりんご畑は見慣れた風景だった。

一昨年、じゅのと一緒に友人のリョクハさんに会いに弘前に行った。
雪降る季節 「西洋茶寮サロン・ド・甚兵衛」で買ったのが、奇跡のりんごチップだった。
その時は、そうか~、程度だったのだが、
今回、同僚のランチ君がとても木村氏に興味を示し、
彼が先に会社の図書館で読んだのがこの本だ。

おもしろかったですよときいて、私も早速読んでみた。
木村さんの生き様にも感銘したが、
本を書いた、石川氏の人類が文明と自然の狭間でどう動いてきたかに、とても共感を覚えた。
以前から、違和感を感じてきた答えの糸口が見えた気がする。

更に、隈 研吾氏の「東北的方法」も興味深かった。
興味のある人は、R25をどうぞw
R25 隈 研吾 「建築は、これからもっと面白い。」amazon :奇跡のリンゴ
日記・思った事
 18, 2012 22:34

ガラスって素敵だ

120218_288.jpg

今日は同僚のガラス展を見に行ってきた。
銀座のギャラリーでの展示会。
ビルの合間にこっそりあったそのギャラリーで、作品をさがすと…
あった!! おー繊細な作品!!
受付の人にことわって写真を撮らせてもらった。
きれいだねえ~。他の方の作品も眺めてきた。それぞれに美しい作品だった。

帰宅後ブログ用に写真のリサイズを行いつつ思う。
同じ先生から習っているのだろうけれど、不思議だな~、確かにこれは彼女の作品だって思う。
うん、ギャラリーにはいって、見渡して、すぐ分かったものね。
大変きれいだった、月曜に感想を言わなくてはw

120218_290.jpg
猫ノ記録
 18, 2012 02:06

幸せかな?

120203_272.jpg

若いネコ。
幸せかな?
想像しかできないけど、人生後半戦の飼い主はその妄想で癒される。
日記・思った事
 18, 2012 01:59

しんしんと

降り積もる道をすすみつつ
遠くのあの子の病を思う

ベッドは、やわらかく、あたたかく、そしてそこが領域である切なさ

明日思い煩うことなく、今日をがんばりましょう
日記・思った事
 12, 2012 14:01

見慣れぬ場所

土曜は、友達の見舞いにいってきた。
くも膜下出血のあと、炎症をおこし、人工頭蓋骨を外したのは去年の8月のこと。
1月末にいよいよ人工頭蓋骨をいれる手術のはずが、
硬膜に穴が発見され、そちらの手術になった。
頭蓋骨をいれるのは、あと半年後だそうだ。 (´・ω・`)ふう。
かなり元気になっていたが、まだ頭にくだ(?)がはいっているらしく、
枕カバーにつく血混じりのシミが痛々しい。
でもまあ元気(´ー`) 早く半年経って、頭に蓋がされるとよいなあ。

彼女は病院をかわっていた。
前は新宿から近く。今回は渋谷から…、ちょっと遠い。
同じ東京なんだけどね、景色かわるもんだなあ。
帰り道、すでに陽も落ちていたが、渋谷から原宿に向けて散歩をしてきた。
渋谷、原宿、表参道に行かなくなって10年ちかいかな?
最近は年に2~3回しか行かない。
久しぶりの道、道は変わらないが周りはすっかり変わっていた。
なじみだった店も、ビルごと無くなっていたりする。
でも新しいビルはおもしろかった。
よくこんな形を考えるな~(*´Д`*) 建物って本当におもしろい。

ものすごく通いつめていた場所だったのに、全く見慣れぬ風景に、
少し人酔いしてしまい、スタバに避難する田舎モノだった。