私の会社は、オフィスビルのB1にある。
そして、私の席からほど近くに廊下へのドアがある。
一部スリットになっているので、廊下の音が入ってくるのだが、
気になるヤツがいる。

「あー、その件については‥‥いやいや、○○○円は‥‥、ですから…」
会社では話せないから廊下で話すのか、携帯での会話がこちらに筒抜けだ。
ヤツが話しはじめると、うちのチーム全員で
「今日はあやまってますね。」
「この前はお金の話しだったけど」
「今、個人名と電話番号きこえたね、誰かめもした?」

大変耳障り。ほぼ毎日これがある。
ドアを開けて少しヤツを見てみたりするが、こちらを全く意識しない。
「うるさいよねー」
「だれか、メモに『おまえのひみつを知っている』って書いて、ヤツに渡してきてよ~」

聞きたくもない他人の秘密を毎日きかされ、
外で自分の話をする時は気をつけようと思うのであった。

なう(^^ゞ
日記・思った事
 25, 2011 00:12

アタマにきた。

自分に努力無いのは嫌い。
頑張った上での失敗には「よく頑張ったね、結果はうまくなかったけど」っていえるけど。

そして本日は大変嫌な気分。

さんざん申し伝えたのに、
自分の価値観でしかものみれずって、
それは、怠慢ではないだろうかね?
大変ずるいと思う。
そして大変気分が悪い。

と、本日は思った。
日記・思った事
 23, 2011 22:01

虹を見た

虹をみた

ちょっと前の事。2011年のGW。
秋田へむかう東北道、久しぶりの虹を見た。

福島の春は桃源郷。
里山のやわらかな春の風景。
やさしい風が吹いている。
なのに虹の向こうには、
今も不安の塔がある。

とどきそうで、とどかない、
久しぶりの虹だった。


今日は天気がいいので、坪庭の窓を全開に。
そして、布団を夏物に替えてみたり、
オイルヒーターを片付けて扇風機をだしてみたりしていた。

いつもならずっと後ろにくっついて歩いて、たまに蹴飛ばされるヤツがいない。
どこだろうと見回すと、坪庭でゴロゴロしていた。

Wikipediaより
ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani, 1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、
フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、
フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。
その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、
また一部ではキース・ジャレットとも比較される。


私が一番好きなピアノソロを弾く人だ。
amazonで「Live at the Village Vanguard」を注文した。
実はこれ、タイトルをよく覚えていなかった。
まだ若い頃どこかでこれを聞き、
その数年後、我が友「金ちゃん」がカセットテープにダビングしてくれたのがこのアルバム。
Nardis を聞いて、背中がぞくぞくした。ああ、この曲だ!
さらには、はじめて彼をリアルでみた時のこと。
山中湖で彼女の奥さん(?)らしき美人に抱かれて現れた姿。
その身長100㎝程度の彼の指から産み出される旋律に衝撃をうけた。

久しぶりに「Live at the Village Vanguard」を聞いている。
一番好きなのは[To Erlinda]。

違う曲だけど、ペトルチアーニを、どうぞ。




日記・思った事
 20, 2011 00:59

5/19の出来事

ボンベイ・サファイア ちょっとコップ入れすぎて、まだ飲んでいる5/20 0:30(^_^;)
昨日の出来事などなど。

5/19は大変気持ちのいい日でありました。
朝起きてカーテンをズサッと開けたら良い天気。
放射能やら、色々懸念も心配もある毎日だけれども、本日もがんばろうと決意してクローゼットへ。

今日はデプレ君が東京に来る日。
関西方面の彼と会うのは大変久しぶり。
エロスあふれる大人ワンピースで少しカッコ良く行くかと、片足突っ込んだところで…、
ああそうだ、今日は業後に秋葉原のガンダムカフェに行く日であったと思い出し、
髪はお団子にひっつめ、ブーツカットのジーンズと黒いミニワンピをひっぱりだした。

大変久しぶりのデプレ君とランチ。
「デプの顔わかるかなー?」と思いつつ待ち合わせ場所に化粧も直さず走っていけば、
なんてことないなw すぐわかったわw
モモと同じくらい年齢不詳。腹が立つ。きみらはサイヤ人かね?
こちらは確実にとしとってんのにさー(´・ω・`)

デプレ君とは、関西と関東故、なかなか会うことはないのだけれど、
なんだろう?、水がしみ込むようにすーっと懐にはいってくる不思議な人だ。
私が意外と人見知りで、壁を無くすのに結構時間がかかるのは、親しい友なら知っていると思う。
が、彼はその壁を意識することなく無くしてしまう。
不思議なものだ。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。
なんてことない話をして、近況を聞いているうちに昼休みが終わってしまった。
もっと話したかったなあ。また今度ね。

今週は地味に仕事は山積みで、午後もせっせと仕事に励む。
18時過ぎ。本日は同僚のお嬢さん二人とお約束の日。
秋葉原のガンダムカフェで、赤い彗星フェアを堪能するのだ。

着いてすぐ、喫煙席ならば入れたのだが、
実はわたくし肺気腫らしい。悪化はしていないが良くもならないみたい。
タバコ吸ってないのにねえ?なんでだろうね?
とういことで受動喫煙は厳しい状態。
禁煙席が空くまで待っている間にデプレ君と解散したJunohも合流し、
赤い彗星フェアを堪能する。
エロ様(←ともだち)におみやげを買って、本日は解散した。

今日は一日中、本当に心穏やかで満ち足りた気持ちで過ごせた。
日記・思った事
 19, 2011 23:33

今日はこんな気分だった



本日一日頭の中で歌っていたのは、こちら。
paris match - 太陽の接吻

paris matchの曲でよく頭に鳴り響くのは、Happy go round。
でも今日はこっちだった。

天気が良かったからだろうか。
気分が良かったからだろうか。
今日はブラックスワンを見てきた。ここ最近で自発的に映画を見に行ったのは仮面ライダー以来だ。
チケットは昼休みに買っておいた。レディースデーだからか、マリオンの映画館は満席。
予告はじまり「トランスフォーマー3見たいな」なんてリラックスしていたのだが、始まってみたら…参った。
ネタバレしたくないので詳細は割愛。
とにかく私の見かけより細い神経には大変厳しい展開。おなか痛くなって危なくトイレに立ちそうだった(>_<)
途中から耐性ついたが、大変怖かった。緊張して肩が凝った、が見て良かったと思う。
でも次は楽しい映画にしよう(笑)
日記・思った事
 16, 2011 22:52

お風呂で歌う



自分、お風呂で歌うのが大好き♪
しかもインナーガーデンに面しているのをいいことに、窓全開で歌う。
ひょっとしたら近所迷惑かもしれない。
ちょっと前までは、とある魔術のOP、デュラララのED、まどかのOP&ED
震災後、なんとなく元気になれた天使の絵の具(古いなあw)
アニソンだけではなく、クラシックでもなんでも歌う。気に入るとHakaでもなんでもOK!
しつこいから、しばらく同じ歌をうたいつづける。

ここのところ、Jazzに回帰中。
十八番はLullaby of Birdland。
だが、先週からしつこく歌うはこの曲。
お風呂のMP3プレイヤーにはいっているのは、HANK MOBLEYのやつなのに、
それをカラオケにして歌う。
つながらないとこはスキャットだ!
さー、今夜も歌ってくるか。

Eydie Gorme The Gift!(Recado Bossa Nova)

No strings have pearls in a velvet glove
The thing I long for is the gift of love
No ring of gold but a dream to unfold
When all the stars have flown and we’re alone
The gift of love is a precious thing
A touch of magic on a day in spring
The golden dream every dreamer pursues
Remember darling never refuse the gift of love

For love can be a melody that lingers
Or slip like April wine right through your fingers

So kiss me sweet till our secret star
Illuminates the way to Shangrila
Whatever fate may befall all I know
Is that the gift of love is the greatest gift of all