日記・思った事
 06, 2018 14:28

ピアノとBBA



昔の曲をカラオケでハモりたくて、楽譜を探していた。
あったあった、久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG』 。
あー、でもピアノ譜だからちょっとちがうな、耳コピしなきゃだめか。

ここで脱線開始。
あ、楽譜埃かぶってる→フキフキ→ 楽譜をみはじめ…
そして久しぶりにピアノの蓋をあける。ピアノっていっても電子ピアノですけどね。

去年くらいまではそれでも週に一回は弾いていたのでに、ここのところ全く弾いていなかった。
カラダを使う系ものもは、音楽でもスポーツでも、あっというまに錆びてしまう。
弾けるのか…?
FF8の「永遠の豊穣」をだしてみると、、、あれw?
親指の付け根の筋肉がいたいよw ほら蟹爪のみたいなとこね。
5、6年前から、ペットボトルの蓋を開けるのが難儀である。一時、フライパンをもてなくてかなり焦って病院にいったこともある。結局一時的なもので、今はフライパンは持てるが相変わらず握る力は日によって落差がある。
コントローラーの握りすぎではないかと、自分でも疑ったこともある(笑
ちょどいいや、これから毎日少しひくから。手の良い鍛錬になるかも。

ということで、もう一度ピアノに向かったが、曲の途中で指と手のひらが疲れきる。
これはまずいだろうw まずはハノンで訓練するか。
よし、今日はもう短い曲にしよう。
と「勝利のファンファーレ」を鳴らして本日の練習を終えた。
→ こんなの 勝利のファンファーレ
みじかすぎだろw!

日記・思った事
 03, 2018 12:07

子供のおかげ

うちの愛猫 雷蔵が、今日もかわいい。本当にかわいいと思う。
抱っこしてにゃーんと、足にすりすりされたら、仕事も中断即だっこだ。
自分の顔が「デレる」のがわかる。

いままで動物は身近ではなく、「かわいいねえ」と人の家のペットを褒めるも、ほとんど社交辞令。
が、最近は本当に可愛いと思えるようになった。
時間かかったなあ(笑)

愚息のおかげだ、と思った。
  私の時間を奪い、
  部屋を汚し、
  自分の意のままにならない存在。
自分以外に大して興味もなく、愛を語ったところでうすっぺらい私に、
よだれをたらしてニチャっと笑う、小動物愚息ちゃんが、
いろいろ学ばせてくれた気がする。
最近、ふっとそれを感じる。子供自身は別になにもしてないんだけどねw

先週の日曜に、愚息ともんじゃをつつきながら近況を聞く。
まんまるだった愚息はヒョロリと痩せた青年になってしまい、
今や彼の話す内容は、ググらないと理解が難しい。

この先も、母を育ててくれるネタを提供してくれるのだろうかね?
ちょっと楽しみだ。


うろんな客
 脚韻が踏まれた日本語訳も美しい。さて、うろんな客とは…? 今日のお題だよねw

絵本の整理をしていた。うろんな客。この客の正体は…

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -

今月の実家滞在3日目。
今日は、居間の絨毯を夏仕様にし、
母の部屋と私の滞在部屋を入れ替えた。

母の部屋はもともとが私の部屋だった。
実家は、祖母の土地の上に父が建てたもので、
数年まえに解体してしまったが、もともと祖母の家があった。
その奥にある、庭と畑のスペースに、私が中学の頃に建てたのだ。
白いクロスで、こげ茶のレースのカーテン。
我ながら渋い部屋だったのに、母のカラーマジックにかかると、
「どうしてこうなった?」と首をかしげる素晴らしく統一感の無い部屋になっていた。
しかも歳をとり、片付けも下手になり、乱雑である。

本当はお部屋取り替えはしたくなかったのだが、
元「私の部屋」は広い上に角部屋ということもあり、冬場はとても寒いのだ。
新築の頃はまだよかったが、老朽化した最近では冬場の室温が0度近いこともあった。
とにかく母は、今元気でも何かあったらすぐ天国の門を開くであろうタイプだ。
冬帰省での体感で、「和室の方が絶対いい!」
と、本日、部屋の入れ替えに踏み切った。

父と母の、捨てられない服やらも少しは処分しつつ、
あとは暑さで疲れすぎないように、今日は大まかな移動までを済ませてみた。

そして今、何十年ぶりの「私の部屋」で酒を飲みつつブログを書いている。
もう何も無いと思っていた「私の部屋」には、本があった。
常盤新平、アーウィン・ショー、フィッツジェラルド、北杜夫、レイ・ブラッドベリ、島田雅彦、ジョン・アーヴィング
特に多いのはここら辺。あと意外と哲学書と純文学も多くて、笑ってしまった。
ああ、読んでたねw って感じで。

そして本棚の奥から出てきたのは、、スヌーピーだった。
ペーパーバックのスヌーピー。
小学生だった私に、英語がわかるはずもなく。でも努力の鉛筆書きのあとはあり。
あとは日本語のやつもあった。こっちはいいねw




日記・思った事
 14, 2018 19:03

おばあちゃんと晩酌

実家、介護補助帰省中デス。

今日の秋田は、昨日までのヒンヤリが嘘のように暑かった。
頼まれた買い物に出かけた時は、ちょうどよかった長袖のシャツチュニックが、
帰りは汗まみれ。なんという気温差。

とはいえ東北の夕方は関東とは違う。
夕方になるとすーっと涼しくなってくる。
今日は冷しゃぶとナムルなどで簡単夕食を用意してシャワーを浴びて、、
そして祖母の食事に付き合いながらの、晩酌相撲観戦だw

母はザルと呼ばれる人種であるが、最近はめっぽう弱い。
父は350の缶ビールてでぶっ倒れることができる。
実家にくると、私の晩酌に付き合ってくれるのは、100歳の祖母だけだw

一番小さな、可愛い缶ビールを片手にかんぱーいをする可愛い祖母と、
相撲観戦をしつつ、ハイボールをいただく。
「これは御岳海」
「琴奨菊」
「はたが一本6万円!」
祖母が教えてくれる。

外ではセミが鳴いている。カナカナカナカナ。
夏だなあ。

深夜3時、仕事も終わらせて、ナイトキャップに誕生日に買ってもらったGINをあける。
文字通り空いた。最後の一杯。

明日からは実家に帰省。
介護帰省もどんどんサイクルが短くなってくる。
向こうにも着替えやらある程度は置くようになったので、荷造りも簡単だ。
財布とiPadさえ持っていけばなんとかなる。

それでも行く前と帰ってからは慌ただしい。
仕事もたまるし、プライベートも、掃除とかそういうTODOはある。
しかも、ここ最近どんどん疲れもたまる。お金だけがたまらない。まったくもう。

歳を重ねて、肉もたるむしシミも増えたが、ひとつ、でもものすごく良いことがあって、
それは自分の気持ちのいなし方が上手くなったということだ。
父をみて「頑固だな、めんどくせえ」と思っていたが、
そこには鏡写しの自分がいた。苦笑いしかできない。
ネガティブでシツコく物事つきつめようとする。自滅型だよね。
そんな烈火の如き自分のいち面をいなせるようになってきた。
たまにぶつかるけど。
そうすると、いままで見えていなかった違う角度もみえてきて、なかなか面白い。

私の若い頃の望みは、「ananにでてくるような部屋に住むこと」だった。
生活感のない、アートな部屋。
家事のなかでも掃除洗濯はすきだけれども、料理はすきじゃない。
食べるという死ぬまで続く行為が、とても面倒で余計なものに思えていた。
永久に、永遠に、何もかわらない世界はあるのだろうかと夢見たけれど、
人はそんなキレイなもんじゃなかった。
そしてそんなどうしようもない事にすら、戦いを挑んでいた私。
誰と戦うわけじゃない、自分の理想と戦う自分。アホだな。
父を見ていると、何と戦っているのだろう? と思う
昔の自分と重なり、ひとり頭をかかえる。

ワルツが好きだ。
奏でられる三角形は、期待値たかく広がる音、そして少し危うさを感じさせる。
でも希求するものは「しんえん」。
世界は丸の中におさまっていく気がするのに、手は弧しか描けない。
しかたない。ワルツステップでもう少し進むしかない。
自分の真理が見つかるのか、どこか落としどころが見つかるまで。

奏でるは三角、そして弧を描く。


日記・思った事
 05, 2018 13:24

結婚するタイミング

今朝は盛大に寝坊をした。
雷蔵が起こしに来てくれた時に、すでに旦那殿の気配なし。
昨夜は遅くまで酒をのみながらダラダラと勉強をし、そこから崩れるようにゲームをしていた。
(モンハンでもFFでもなく、何故か今更、ドラクエビルダーズ^^;)

ということで、お昼ごはんをつまみながら「半分、青い」をみる。
おお、今日から斉藤工もでてきておる。
私はあまりドラマをみない。気にいるとしつこくみるけれど(ドクターXとか!)。
朝ドラは、実家への介護補助帰省が頻繁になったためにみるようになった。副産物。

とはいえ今回のご褒美感は半端ない。
仮面ライダーの時からお好みの佐藤健くん。
ええ、もう結婚したいとおもったトヨエツさま。
某教授役をみてからハマった、斉藤工殿。
なんだろう、、ニヤける。あとは私のココロの恋人ジャン・レノ様が出てきたらきっと鼻血をたらすだろう。

ということで、結構毎日みている。「半分、青い」
綺麗事だけ並べないところが好きだ。一部不評もあるようだが、それもわかる。
だって朝から自分の過去と被るような、えぐられるようなシーンは見たくないっていうのもなあ、わかるよねw
でも私は好き。ここのところヒロインは怒涛と狂気のケッチョンケッチョン状態だったが、
「あーあー、やっちまったな。あー、それ言っちゃだめだってー。ダメウーマン♥」
とか言いつつ、朝から泣いたり笑ったりしている。


そのヒロイン、今日は結婚を視野にいれはじめた。
「生活は保証される」
それね。
ほんと色々と思い出させてくれるよ、このドラマ。
そう。私もそうだった。きっかけこれだった。
恋愛結婚したい。自分の好きな人としたいはこのあとついてきて、それは達成されるのだけれど、
結婚したい」と自分にスイッチをいれたのは、「生活の安定」だったきがする。

高校卒業後すぐに実家をでて、好き放題も、苦労もそこそこして、
手一杯ひとりだけで仕事も遊びもして、疲れて来た時期。
結構冷静にそうおもったのだ。
「生活も心の安定も、結婚で得られる。ただ自由は手放す。」
そう思ったからといって、結婚相談所に行ったり、血眼で合コンとか行ったわけじゃない。
でも確かに「スイッチ」が入ったのだ。
だから機会を呼び寄せたのだと思う。

『結婚したいけど、出来ない』言ってる我が友達たちの大半は、このスイッチが入っていないのだと思う。
何かを手放してでも、結婚をするんだというスイッチが入らない。
だから相手と自分の中になにかしらのハードルと作ってしまい、
クリアできないと、色々理由をつけてやめてしまう。

勘違いしないで頂きたいのは、私は結婚が全てではないと思っている。
結婚しないで行けるならそれはそれですっごいステキ。
自分の場合は必要だったということだ。

ヒロインすずめちゃん、今日の終わりは何やら出会いの予感。
明日も楽しみである^^ (ちゃんと起きるよ?)
日記・思った事
 16, 2018 00:40

旅人になる

2年前の秋、サンライズ瀬戸にのって行った香川。
そして瀬戸内に癒された小旅行。

2年経過して、実家もさらに手がかかる状態になり、
この先しばらくは、帰省以外は遠出できないだろうなーと思い、
ダーリンの慰安も兼ねて、四国に旅にでた。
いま坂出に向かって移動中である。高松に向かうマリンライナー終電は、酔っ払ってゲロゲロの処理で遅れたり、まったりと週末感いっぱいだ。因みに都心なら置いてかれるよなー、と思いながらゲロ奴に心のなかで中指をたてている。

今宵は坂出の知人宅にお世話になり、明日は高知へいく。
旅人はすでに東京駅構内で一杯ひっかけ、新幹線でさらに呑み、かなりいい調子。
明日は高知で呑みまくる所存だ。

2年前、私が大感動した瀬戸内の海は、、、、
残念ながら、まっくらでみえないw
まあいいよw 後で見ようw

うちの引きこもりダーリンは既に酔っ払いで、グラグラしながら寝ている。
私は暗い海を眺めている。

旅はいいな。
日記・思った事
 11, 2018 10:12

ベスト体重とは

実家の母が腎盂腎炎になって、急遽帰省したり、
帰省中に偶然20年いじょうぶりの従姉妹に遭遇したり、
土踏まずに謎の腫れがあったり、、、、色々あった数週間。

すべてが終わり、2週間ほどは、少しの仕事の他には、
帰省中にアプデのあったゲームや、買っていたゲーム、そして同じく買っていた本をむさぼり、
梅雨直前の晴れを洗濯に使い、たまにお昼ご飯と一緒にお昼ビールをいただき(内緒、へへへ)、
Amazonプライムで映画のはしごをしたりの、ぐうたらぶり。

結果、太った^^
厳密にいうと、ぐうたらで太ったのではなく、実家滞在中の食生活のせい。
年寄りとは、なんと規則性をもって生活するのであろうか。
いやいや私が自由すぎるという話もあるのだけれど、実家の面々、
お腹すいてなくても、朝昼晩ときっちり時間になると食べ始めようとする。頭硬すぎだろう、パパン。
とはいえ今や私のうちではない実家。
彼らの生活を乱してはいけない。私はせっせとご飯したくをした。そして一緒にたべる。

歩くのはたくさんあるいんだけど、お掃除やら買い物やら。
買い物だって、近くにスーパーないから、
バスに乗って、またはバス時間がなさすぎて、30分も歩いて行った日もある。
だがしかし、規則正しいご飯と、おやつで私は太った…。
おまけに食べたくないのに食べた結果、胃も荒れてしまうという。

戻ってから復調しようと、いつもの自分ペースを開始したのだけれども全くもどらない。
164cm いま、52から53㌔。
標準体重という意味では太ってはいないのだけれど、体が重いのだ。
これは自分にしかわからない。
年をとってここ数年体質やら変わってきたが、落ち着いたところ。
体感する今の私の「ベスト体重」は、50~51㌔
これより軽くなると疲れやすくなるし、重いと体を動かすのが億劫な感じに(重く)なる。

ベスト体重、人それぞれだと思う。
身長が同じでも、筋肉質だったり骨太だったり、みんな同じ訳がない。
さらに若い時と今が同じはずもない。
そして今、体が重いという事実と向き合うじぶんであった…(-_-;)
日記・思った事
 08, 2018 20:18

ハーバリウム 2回目

お仕事の合間に、ハーバリウム大会2回目。ドンドンぱふぱふぱふぱふ。
そう、最初合間だったのに、午後からガッツリやってしまいました(-_-;)
今日はピンクのヤツもつくってみた。

最初はこの状態


これを作ったあと片付けをしたのだけれど、納得いかず⇒我慢しきれず再調整にはいった。
そしてロング瓶のは出してやりなおし。疲れてきてからだったので、5分で作ってみた…(-_-;)

ドライフラワーの種類がなくて、そろそろあきてきた、、、 #ハーバリウム

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -


備忘録
・オイルは天ぷら油とかと一緒の方法でゴミ捨てする(流しちゃだめ)
・詰め込みすぎると、透け感がないけど、詰め込まないと浮力に負けるので要調整
・大きな枝を最後に上からツッコんで浮きを抑えた(ピンク大電球瓶)
・シリコンオイルはこぼすとめんどいから、ちゃんと敷物なりする。手はあらう(ゴム手でもいいかも)


酒をかっくらい、すっかり懐メロモードに突入したいつもの深夜モード。

今日はアニー・レノックスをYouTubeで追い続けた。
若かりし頃、アニー・レノックスのEurythmics時代のかっこよさに衝撃をうけ、ベリーショートにしようとしたら、美容師さんに
「日本人の髪質だと、そのヘアスタイルはただの丸刈りになるから、やめようね…」
と説得されたのは今でも覚えている(-_-;)

その彼女、いまもイケてる、すごくかっこいい。
今こそアニーになる日なのか!?と思ったが、白髪ってさ、染めてないってメチャ健康な髪質で…
今更ながら、若かりし頃に言われたあの一言を思い出す。
白髪の丸刈りはいただけない。。。。

チャーミングに歳を取るのも一苦労だ。
美人はいいよなー。若くても歳をとっても其の年代の美しさを手にすることができるとか、羨ましすぎるわ、まったく。
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

2014年みたいだけど、アニーが、わたしの大好きな The Fool On The Hill  を歌っておった。
かっこいいなあ…。