日記・思った事
 26, 2018 20:09

無理せず行こうか

毎年恒例の、雪かき帰省。
今年は母が大変だろうかと(今年100歳になる祖母の介護があって)、冬場は毎月帰ることにした。
今回の1月帰省は、天気予報とにらめっこして、1番大変そうなタイミングを狙っての帰省であった。

予想は大当たりで、寒波とともに帰省w
日中は雪かきと母の代わりに台所仕事を、年寄りの夜は早いので、消灯タイムになると日本酒抱えてて自室で寝酒。
いつもならPC前で、ネットやゲームでボイチャなどしている時間を、静かにひとりで過ごす。

ふっと気がついた。
ああ、そうだった、自分はこういう時間が大好きだったんだ。
子供の頃から理想の自分を作り上げて、地味にそうあろうとしてきたけれど、
もともとそんなに社交的でもないし、
おしゃべりだけど内弁慶だったこととか、苦笑いして思いだしてみた。

もう「こうあるべき、自分の理想」とか、頑張らなくてもいいのかな?
誰かに迷惑かける訳でもないし、無理せず行こうかなと、ひとり日本酒で乾杯してみた。
なるようになるし、世界は角度を変えればでいろんな景色をみせてくれるし、やりたいように、無理せず行こうか。
あけましておめでとうございます2018年。
今年もどうぞよろしくおねがいします^^

ということで、戌年です。
昨年末は、実家に雪かきにかえり、早速屋根の雪下ろしをし、年末に帰宅。
年越しの用意は何もせずの元旦をむかえました。
例年おせちはつくらないのだけれど、今年ほど何もしなかったのは久しぶり。
来年はもう少しなんとか…w まあそれより実家の雪かきが優先だけどね。

自分の実家、秋田県大館市は秋田犬の保存会があったり、秋田犬(あきたいぬ)保存会があったりと、秋田犬オシであります。
いろいろみていたら、駅前で秋田犬とふれあえたり、市のサイトでは秋田犬の画像があったりと、
大晦日に慌てて年賀状を作ったのだけれど、こちらからお借りしました。

⇒ 【あ、きた。「いぬ年」】キャンペーン! ~2018年は戌年だワン~

かわいいねー(*´ェ`*)
子どもの頃、秋田犬の品評会?、ずらりと秋田犬が並んでいる姿をみても、「コワイ」としか思えなかったのだけれど、猫を飼うようになり、小動物を観察するようになってから、秋田犬のかわいらしさが見えてきたきがします。

でもやっぱり、雷蔵が一番かわいいんだけどね!

石油ストーブを買った!

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -

本日【スターウォーズ 最後のジェダイ】の予約をした。
今回、前売りがない。前売りがないということなので12/15はチケット予約激戦が予想される。本日より先行予約開始だ。プレミアムナイトを予約しそこねるという失態から、少し立ち直る。

毎年そうだが、映画の公開が近くなるとテンションが上がってくる。
今日はチケット確保したということで、一気に上昇中。

色々調べはじめたら、色々なグッズに遭遇した。
使わないモノ、愛でないモノは買わない主義ではあるけれど、まーもともと大好きなスター・ウォーズのグッズ、しかもテンションアゲアゲで、暴走がとまらない。

昨日仕事中に、友達から届いたコレ
家庭用プラネタリウム:Homestar BB8 R2-D2
うち、あるんだよね、Homestar。でもこれは、室内の夜空になんと、なんと!ファルコン号やXウィングがとんでるんだよ!しかもしかも、BBとR2両方そろえると、ルークの居所がわかるブルーマップが完成!!!!(ハアハア)

ここからもうマズイことになってきた。

スターウォーズ ライトセーバー ルームライト オビ=ワン・ケノービモデル リモコン付
外して振るうこともできるとか! でもおちついて、デザイン的に自分、部屋におけるの!?

STARWARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー
ちょっと、ライトセイバーでTVつけるとか!!無意味にチャンネル変えちゃうかもしれないじゃないの…(*´ェ`*)

ディズニースターウォーズミニ冷蔵庫、ホワイト/ブルー、14 L
これにお酒いれて、2Fに設置して、家庭用プラネタリウムを眺める(妄想)

スター・ウォーズ 学習帳 うちあわせ
ここまでくると、何かを買いたい衝動にかられてきて、買える値段のものを探しはじめる自分。

スターウォーズ てぬぐい SW-TOWEL-15
ステキでしょー!これは買わないとー!! (ポチッ)

スターウォーズ プリンセスレイア コスチューム レディース 155cm-165cm
もう暴走とまらないね。BBAが一体これを着てなにをするのかと。白装束、、、ヤバイよね…w

この後も延々と、わたしの暴走は続いたのだが、最後にこちらを…。
R2-D2のフィギュアはいくつも持っているから、買わないけど、ちょっと買いたい衝動に駆られました、この写真でw
STAR WARS R2-D2 醤油入れ
51HO44RDeBL.jpg






さあ、やってまいりました!最後のジェダイ!!!
一人で盛り上がっております( ー`дー´)キリッ
何やら大変いそがしい秋で、SWファンとしては最悪の事体、
プレミアムナイトの予約を忘れた!
という大失態をやらかし、しばらく立ち直れなかったのですが、
気を取り直して、12/15にみにいけばいいじゃーん(開き直り)、と自分に言い聞かせています。
そ、そうよ、大人なんだから(むしろBBA)、全然平気なんだから;
ローグワンが良かったんで、しばらくこっちの本編忘れていたので、復習しておかなくっちゃね(*´ェ`*)
日記・思った事
 29, 2017 12:53

ミシンこわれる

古着をリメイクしようとおもってミシンをだしたら、動かない。
最初、直線で上糸の調子がおかしいなーと思い調整していたのだが、調整がきかない。そしてボタンホールに切り替えようとしたら、ミシンが動かなくなった。

このミシン、高校卒業後一人暮らしをはじめるときに母にもらったものである。
病院(母は看護師だった)に出入りする業者さんやらから買ったんだろうと思われる、当時はちょっといいミシン。私は「家庭科」が苦手だった。特に「被服」は最悪。
このミシンがなければ、一人暮らしを彩るリネン類、彼氏にシャツ、愚息のベイビー服から幼稚園カバンまで、何一つつくれなかったと思う。出来る人からみたら楽勝で作れるものではあるが、私からみると奇跡のようだ。

そのミシンが動かない。
朝からカチカチ動かしたりして、なんとか直線縫いだけは、でも上糸の調子がもどらないけど、辛うじて縫えるようにはなった。縫い目が見えないやつならいいけど、さすがにこれで服とかむりだなー。

色々と思い出す、我が裁縫の記録。
一番に思い出すのは、縫い目をほどいている自分。間違って縫ったりとか、よくやった。
次に思い出すは、フリース素材でつくった愚息のプルオーバーアウター。
当時はフリース素材が出始めで、LLBEANなど海外通販で買っていたのだが、高いし手間もかかる。そこで日暮里にいってフリースを購入し作った。これに気を良くして、このあとロックミシンも買うことになった。でも最初にフリースのプルオーバーを作ったのはこのミシン。愚息に着せた時の、あの可愛らしさと満足感は最高だったw

思い出は連鎖する。
このミシンをもらった時に、ダイヤのピアスももらった。
ダイヤモンドはわたしの誕生石。母が「一人暮らしをして、金銭的にきびしくなったら売ってもいいから」といってくれたのだ。イヤリングの予定が、うっかりミスでピアスをオーダーしてしまい(オーダーものだった)、結果わたしは高校卒業と同時にピアスの穴を開ける羽目になるわけで…w
ダイヤモンドは売りにだすと大した値段にならないらしい。そんなことはしらない母。そんでも気持ちは嬉しかったので、ありがとうともらった。よく、この曲を口ずさみながら、ミシンかけたっけなー。
とりあえず直線縫いできるうちは思い出にしないぜ。さてミシン君、もう少しがんばってもらおう。



日記・思った事
 08, 2017 19:14

世界は愛でツナガっていた

専業主婦の小金稼ぎのくせに、結構働く自分。
でも今日は、仕事がなーんにもない。
いい感じにダラダラと、アチコチ掘り返しては片付けていた。
そしてみつける。読みかけの本、やりかけのゲーム、そしてあとで見ようとしていた映画。

amazonプライムのおかげで、見逃していたものや、もう一度みたかった映画が結構気軽にみられるようになった。漫画の「ピンポン」が好きで、去年だっけアニメで「ピンポン」やったときは超感動したので、そういえば実写映画やってたなと思い出しさがすとあったわ。すごいぞamazonプライム!
漫画もアニメも実写でも、オババの「愛してるぜ」は本当にカッコイイ。もちろんペコもね!
「愛してる」なんて、男女間を縛る言霊程度にしか考えていなかった自分だが、BBAになり愛だ恋だのゲームも終わり、ちょっと別の見方になってきた。今更っちゃ今更だけど、この歳で気がついたんだから、仕方がないね。

そしてまったりと時間がある本日、ミセス・ダウトを見直していた。
子供たちだけは愛して止まないダメパパが離婚し、引き離された子供達と会うために女装し家政婦となり子供たちや元嫁と接する中、自分もまた成長するって話。最後のセリフがしみてくる。

最近、新しいものも、読み直しのもの、いろんなところに愛を感じる。
自分もピンポンのオババのようにカッコよく言いたいな
「愛してるぜ」
キャプチャ

日記・思った事
 23, 2017 00:52

面倒だ

サシで話しをすると、相手の言うことが全てになる時がある。
自分、悪い話の場合、特に鵜呑みにしないようにしてる。どんなに仲が良くても、家族だろうとね。

愚痴は聞く。それは相手が「そう感じてる」ことだから大いに聞く。ストレスは発散したらいい。
でもそれを鵜呑みにはしない。愚痴をこぼすような状態のときは大体「諸悪の根源」がいて、それがとても悪いように聞こえてくるが、立場かわったらどうだろう? 知らない、見えていない事実や諸事情もあるかもしれない。

それでも、話しをしていると、相手の話が100%に聞こえてくる時がある。
そういう話し方を、意図的にする人もいる。
「事実しか言っていないよ?」
そうね、でも伏せていることもあるよね? 事実確認していない、仮定をそうだと断言する人もいる。
さすがにBBAにもなると、話しをきいていて、ああそうかとわかることも多いのだけれど、いずれにしてもそういうのは

面倒だ

そういうすぐバレそうなことに一生懸命根回しをするのをみると、ポカーンとする。そしてとても気持ち悪くなる。
生きてる間はこういうのに煩わされるのだろうか…。本当に面倒だ…。

***
写真は、夏の岩原高原スキー場。に、あるイタリアンのお店からの景色。友達が声かけてくれて行ってきた。ステキな店だった。
行くまで岩原スキー場にあるとは知らず、思い出のスキー場に色んな思い出がフラッシュバックした。

まだ愚息がいないとき、愚息が小さい時、さらには今はいない人を思い出した。切ない気持ちになった。

あ、お料理はとっても美味しかったですw

夏の岩原スキー場、夕方 色んな事を思い出す

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -


日記・思った事
 18, 2017 09:01

ツバメ乱舞

駅までの道の途中に、一本大きな木がある。
線路沿いの小道に一本、ドーンと鎮座している。
通勤時にその木の下で、ツバメが乱舞していた。

「どうした!?天変地異の前ぶれか?地震くるのか!?」
と一瞬思ったが、あ、そうか…巣立ちの時期なのね。

今度は帰り道、提灯をもったおじいさんが、乱舞するつばめをみていた。
こちらを向いて口元が動いていたので、いそいでイヤフォンを外した。
「どうしちゃったんだろうね?だいじょうぶかな?」
そううよね。わたしもそう思ったもん。
「巣立ちだと思いますよ。よくみると、結構みんなフラフラとんでますもの」
「そうかそうかー、よかった」
といって、おじいさんもふらふらすすんでいった。
そうか、送り盆だったなあ。
イヤフォンをつけると、ツバメと緑には不似合いなトランス系の世界でみたされる。

なんだかまた暑さもどってきそうだけど、でも、夏は終わった気がした。

日記・思った事
 12, 2017 14:53

手紙

連休前の木曜夕方の事。
仕事の打合せからの、食事と酒を楽しむ流れにいた。
普段ネットで連絡は取り合っているが、やはり会って話したほうが、細かいニュアンスも伝わるし話が早くていい。

概ね打合せもおわって、さて飲みますか^^ のタイミングで私の自慢のガラケーが鳴り響いた。
(´・ω・`)!お母さん…?
嫌な予感である。
怒りと失望と悔しさでテンションMAXの母。打合せ中だと伝えるも、話はとまらない。
苦笑いをしながら、話しをきいてみると、
先日ペースメーカーの電池交換をした父のことだった。

今回は電池交換というか、ペースメーカー本体を交換してる。
新しい機械は10年前より格段の進化をとげ、[付属品]がついていた。そいつが喧嘩のきっかけだ。
[付属品]は、据え置きし回線を通して、父の心拍等のデータを送信する機能がある。
父、それが大変気に入らなかったようだ。
その[付属品]は基本お金がかからないのだが、(動かすので電気は少しつかうけどね)
先生の説明も拒否してる(家族だけが説明をきた)、先生から簡単に説明をうけていても、エエカッこしいしてハイハイいっていたけど、絶対聞こえていなかったにちがいない。または聞こえていても忘れているか…。

なので[付属品]は彼にとって初耳らしく、最初の一撃目は、
「なんでそんなものを選んだ!勝手に付属品をつけるな!」
というような、『お金かかるだろうが!』というものだったらしい… バカなの…?
だた父はコワイ。80近くなってもド迫力がある。それと渡り合ってきた母もすごいけど…。
会社とかでもみるでしょ? 一度怒っちゃうと、しつこく何度も同じ事口にして、自分で自分の怒りを煽って、「なんでだ!」ってきくのに答えると「言い訳するな!」って怒るヒステリー野郎。その状態だと察知した。

耳が遠いので、電話で話してもまず伝わらない。
とりあえず手紙で、ペースメーカーの説明を書いていおいた。
自分のキモチとかはほぼ押さえて、要点だけを書いた。仕事もしなきゃなのに2時間も手紙に費やして、2日経ったさきほど、母からなんとなくの終息宣言がきた。
(´・ω・`) なんなの…?
よくわからんけど、落ち着いた父が、説明書を読んだらしい。
でも、結果としては、据え置き機器は使わないらしい。

どっちでもええのだ。別に据え置き機器を起動しようがしまいが、父のペースメーカー自体が止まることもないし。
私が腹立たしいのは、自分のことなのに他人任せで、結果にだけ文句をつける、その態度が腹立たしいのだ。どこの子供だ、甘えてるだけじゃないの。
とりあえず、母のメンテナンスと、父への手紙やらで、連休の半分がぼやーっとそこに取られた。

封をして出すだけになった手紙をみる。
封書の裏面に一言かいてみた
「解決したみたいだから要らないかもだけど、一応かいたから、だしてみるよ」
(´・ω・`) ま、とりあえずだしとくか。

日記・思った事
 26, 2017 00:05

父上の電池交換の儀に立ち会うため、また母をサポートするための計画的帰省中。

父上の電池交換、そろそろ今年くらいだよなーと思ってはいたが、
ネットでぐぐると、日帰り手術だとか、簡単だとかしか情報を拾えなくて、
楽勝ねこれ?程度の認識だった。
なのに、入院手術で一週間。なんで?と思っいつつ本日先生の説明をきいてきた。
高難易度手術とは思わないが、それでも最初の印象とちがって「電池交換なめててごめんなさい」な感じ。

感染症、症状でてない心房細動、電池交換時におこりうるトラブル…といくつかの説明を受けた。
「何かありましたで」は済まされないからの事前説明とわかってはいるけれど、
ターゲットは心臓。止まったらゲームエンド。
当人の父上、パートナーの母上の心中複雑であろう。
自分はというと、彼らの心中を想像してからドキドキするという、少し他人目線な感じに「冷たい娘だなあ」と苦笑いしてしまったw