日記・思った事
 29, 2017 12:53

ミシンこわれる

古着をリメイクしようとおもってミシンをだしたら、動かない。
最初、直線で上糸の調子がおかしいなーと思い調整していたのだが、調整がきかない。そしてボタンホールに切り替えようとしたら、ミシンが動かなくなった。

このミシン、高校卒業後一人暮らしをはじめるときに母にもらったものである。
病院(母は看護師だった)に出入りする業者さんやらから買ったんだろうと思われる、当時はちょっといいミシン。私は「家庭科」が苦手だった。特に「被服」は最悪。
このミシンがなければ、一人暮らしを彩るリネン類、彼氏にシャツ、愚息のベイビー服から幼稚園カバンまで、何一つつくれなかったと思う。出来る人からみたら楽勝で作れるものではあるが、私からみると奇跡のようだ。

そのミシンが動かない。
朝からカチカチ動かしたりして、なんとか直線縫いだけは、でも上糸の調子がもどらないけど、辛うじて縫えるようにはなった。縫い目が見えないやつならいいけど、さすがにこれで服とかむりだなー。

色々と思い出す、我が裁縫の記録。
一番に思い出すのは、縫い目をほどいている自分。間違って縫ったりとか、よくやった。
次に思い出すは、フリース素材でつくった愚息のプルオーバーアウター。
当時はフリース素材が出始めで、LLBEANなど海外通販で買っていたのだが、高いし手間もかかる。そこで日暮里にいってフリースを購入し作った。これに気を良くして、このあとロックミシンも買うことになった。でも最初にフリースのプルオーバーを作ったのはこのミシン。愚息に着せた時の、あの可愛らしさと満足感は最高だったw

思い出は連鎖する。
このミシンをもらった時に、ダイヤのピアスももらった。
ダイヤモンドはわたしの誕生石。母が「一人暮らしをして、金銭的にきびしくなったら売ってもいいから」といってくれたのだ。イヤリングの予定が、うっかりミスでピアスをオーダーしてしまい(オーダーものだった)、結果わたしは高校卒業と同時にピアスの穴を開ける羽目になるわけで…w
ダイヤモンドは売りにだすと大した値段にならないらしい。そんなことはしらない母。そんでも気持ちは嬉しかったので、ありがとうともらった。よく、この曲を口ずさみながら、ミシンかけたっけなー。
とりあえず直線縫いできるうちは思い出にしないぜ。さてミシン君、もう少しがんばってもらおう。



日記・思った事
 08, 2017 19:14

世界は愛でツナガっていた

専業主婦の小金稼ぎのくせに、結構働く自分。
でも今日は、仕事がなーんにもない。
いい感じにダラダラと、アチコチ掘り返しては片付けていた。
そしてみつける。読みかけの本、やりかけのゲーム、そしてあとで見ようとしていた映画。

amazonプライムのおかげで、見逃していたものや、もう一度みたかった映画が結構気軽にみられるようになった。漫画の「ピンポン」が好きで、去年だっけアニメで「ピンポン」やったときは超感動したので、そういえば実写映画やってたなと思い出しさがすとあったわ。すごいぞamazonプライム!
漫画もアニメも実写でも、オババの「愛してるぜ」は本当にカッコイイ。もちろんペコもね!
「愛してる」なんて、男女間を縛る言霊程度にしか考えていなかった自分だが、BBAになり愛だ恋だのゲームも終わり、ちょっと別の見方になってきた。今更っちゃ今更だけど、この歳で気がついたんだから、仕方がないね。

そしてまったりと時間がある本日、ミセス・ダウトを見直していた。
子供たちだけは愛して止まないダメパパが離婚し、引き離された子供達と会うために女装し家政婦となり子供たちや元嫁と接する中、自分もまた成長するって話。最後のセリフがしみてくる。

最近、新しいものも、読み直しのもの、いろんなところに愛を感じる。
自分もピンポンのオババのようにカッコよく言いたいな
「愛してるぜ」
キャプチャ

日記・思った事
 23, 2017 00:52

面倒だ

サシで話しをすると、相手の言うことが全てになる時がある。
自分、悪い話の場合、特に鵜呑みにしないようにしてる。どんなに仲が良くても、家族だろうとね。

愚痴は聞く。それは相手が「そう感じてる」ことだから大いに聞く。ストレスは発散したらいい。
でもそれを鵜呑みにはしない。愚痴をこぼすような状態のときは大体「諸悪の根源」がいて、それがとても悪いように聞こえてくるが、立場かわったらどうだろう? 知らない、見えていない事実や諸事情もあるかもしれない。

それでも、話しをしていると、相手の話が100%に聞こえてくる時がある。
そういう話し方を、意図的にする人もいる。
「事実しか言っていないよ?」
そうね、でも伏せていることもあるよね? 事実確認していない、仮定をそうだと断言する人もいる。
さすがにBBAにもなると、話しをきいていて、ああそうかとわかることも多いのだけれど、いずれにしてもそういうのは

面倒だ

そういうすぐバレそうなことに一生懸命根回しをするのをみると、ポカーンとする。そしてとても気持ち悪くなる。
生きてる間はこういうのに煩わされるのだろうか…。本当に面倒だ…。

***
写真は、夏の岩原高原スキー場。に、あるイタリアンのお店からの景色。友達が声かけてくれて行ってきた。ステキな店だった。
行くまで岩原スキー場にあるとは知らず、思い出のスキー場に色んな思い出がフラッシュバックした。

まだ愚息がいないとき、愚息が小さい時、さらには今はいない人を思い出した。切ない気持ちになった。

あ、お料理はとっても美味しかったですw

夏の岩原スキー場、夕方 色んな事を思い出す

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -


日記・思った事
 18, 2017 09:01

ツバメ乱舞

駅までの道の途中に、一本大きな木がある。
線路沿いの小道に一本、ドーンと鎮座している。
通勤時にその木の下で、ツバメが乱舞していた。

「どうした!?天変地異の前ぶれか?地震くるのか!?」
と一瞬思ったが、あ、そうか…巣立ちの時期なのね。

今度は帰り道、提灯をもったおじいさんが、乱舞するつばめをみていた。
こちらを向いて口元が動いていたので、いそいでイヤフォンを外した。
「どうしちゃったんだろうね?だいじょうぶかな?」
そううよね。わたしもそう思ったもん。
「巣立ちだと思いますよ。よくみると、結構みんなフラフラとんでますもの」
「そうかそうかー、よかった」
といって、おじいさんもふらふらすすんでいった。
そうか、送り盆だったなあ。
イヤフォンをつけると、ツバメと緑には不似合いなトランス系の世界でみたされる。

なんだかまた暑さもどってきそうだけど、でも、夏は終わった気がした。

日記・思った事
 12, 2017 14:53

手紙

連休前の木曜夕方の事。
仕事の打合せからの、食事と酒を楽しむ流れにいた。
普段ネットで連絡は取り合っているが、やはり会って話したほうが、細かいニュアンスも伝わるし話が早くていい。

概ね打合せもおわって、さて飲みますか^^ のタイミングで私の自慢のガラケーが鳴り響いた。
(´・ω・`)!お母さん…?
嫌な予感である。
怒りと失望と悔しさでテンションMAXの母。打合せ中だと伝えるも、話はとまらない。
苦笑いをしながら、話しをきいてみると、
先日ペースメーカーの電池交換をした父のことだった。

今回は電池交換というか、ペースメーカー本体を交換してる。
新しい機械は10年前より格段の進化をとげ、[付属品]がついていた。そいつが喧嘩のきっかけだ。
[付属品]は、据え置きし回線を通して、父の心拍等のデータを送信する機能がある。
父、それが大変気に入らなかったようだ。
その[付属品]は基本お金がかからないのだが、(動かすので電気は少しつかうけどね)
先生の説明も拒否してる(家族だけが説明をきた)、先生から簡単に説明をうけていても、エエカッこしいしてハイハイいっていたけど、絶対聞こえていなかったにちがいない。または聞こえていても忘れているか…。

なので[付属品]は彼にとって初耳らしく、最初の一撃目は、
「なんでそんなものを選んだ!勝手に付属品をつけるな!」
というような、『お金かかるだろうが!』というものだったらしい… バカなの…?
だた父はコワイ。80近くなってもド迫力がある。それと渡り合ってきた母もすごいけど…。
会社とかでもみるでしょ? 一度怒っちゃうと、しつこく何度も同じ事口にして、自分で自分の怒りを煽って、「なんでだ!」ってきくのに答えると「言い訳するな!」って怒るヒステリー野郎。その状態だと察知した。

耳が遠いので、電話で話してもまず伝わらない。
とりあえず手紙で、ペースメーカーの説明を書いていおいた。
自分のキモチとかはほぼ押さえて、要点だけを書いた。仕事もしなきゃなのに2時間も手紙に費やして、2日経ったさきほど、母からなんとなくの終息宣言がきた。
(´・ω・`) なんなの…?
よくわからんけど、落ち着いた父が、説明書を読んだらしい。
でも、結果としては、据え置き機器は使わないらしい。

どっちでもええのだ。別に据え置き機器を起動しようがしまいが、父のペースメーカー自体が止まることもないし。
私が腹立たしいのは、自分のことなのに他人任せで、結果にだけ文句をつける、その態度が腹立たしいのだ。どこの子供だ、甘えてるだけじゃないの。
とりあえず、母のメンテナンスと、父への手紙やらで、連休の半分がぼやーっとそこに取られた。

封をして出すだけになった手紙をみる。
封書の裏面に一言かいてみた
「解決したみたいだから要らないかもだけど、一応かいたから、だしてみるよ」
(´・ω・`) ま、とりあえずだしとくか。

日記・思った事
 26, 2017 00:05

父上の電池交換の儀に立ち会うため、また母をサポートするための計画的帰省中。

父上の電池交換、そろそろ今年くらいだよなーと思ってはいたが、
ネットでぐぐると、日帰り手術だとか、簡単だとかしか情報を拾えなくて、
楽勝ねこれ?程度の認識だった。
なのに、入院手術で一週間。なんで?と思っいつつ本日先生の説明をきいてきた。
高難易度手術とは思わないが、それでも最初の印象とちがって「電池交換なめててごめんなさい」な感じ。

感染症、症状でてない心房細動、電池交換時におこりうるトラブル…といくつかの説明を受けた。
「何かありましたで」は済まされないからの事前説明とわかってはいるけれど、
ターゲットは心臓。止まったらゲームエンド。
当人の父上、パートナーの母上の心中複雑であろう。
自分はというと、彼らの心中を想像してからドキドキするという、少し他人目線な感じに「冷たい娘だなあ」と苦笑いしてしまったw




日記・思った事
 26, 2017 10:39

縁あれば千里

人生の節目の時期に、友達から
「アナタはこう。そしてこういう事なのよ」 と言い切られた事がある。

かなり疲弊していた時期だったが、反論する気力があったの思った事を言ってみた。
が彼女はひるまない。救いなしの断定系、しかも低評価に凹まないわけもなく、しばらく考え込んだ。
愚息がらみのことだったので、阿呆な母親は愚息にきいてみた。返事は、
「勝手に人の気持ち語るなよ、オレの何をわかっているの?」
ホントかな?母に気を使ってるのかなとも思えたが、単純に少し救われる。

あれを言ってくれた彼女は、知識と経験、そして見て彼女が感じたことを率直に言ってくれたのであろう。まあ多少「めんどくせー」とか「うぜー」とか思っていたかもしれないが、私のためだと思われることを言ってくれたのだと思っている。
ただ彼女からは見えない色んな事もあった、なのに断定系で言われてしまった違和感。
そこを言葉で説明するには阿呆な私に言葉が足りないし、なにより言い訳がましく感じられやめてしまうことも多い。
こんな事が他にも1回ある。いずれも数年経過して思い出すと、今でもたまに複雑な気持ちになる。

「本当にわかっているの?なんでそんなに自分に自信があるの?」
見えない事実もあるかもしれない、自分が知らない考え方があるかもしれない。私はいつもそう考えてしまう。
相手の気持ちを勝手に裏読みして、しかも断定されるととても萎える。

数年経過している今、この出来事は違うカタチで自分の中に住んでいる。
人なんて複雑怪奇なイキモノで、自分自身の全てもわかり得ないのに、他人がわかるはずもない。ちょっと俯瞰でみえてるからといって、それが全てじゃない。前はこうだったけど、今はこうだけど、先はどうなるかわからない。だから、なるべくフラットに相手を視るようにしていきたい。

と、ここまで書くと寛大な感じでしょ?でも違うんだな(笑)。ひどく小さいな話しになってる。
ご縁がなかったんだねって思うことにした(笑)
そして一周まわって、縁あればまたどこかで楽しく話す日も来るだろうと、私は信じている。

日記・思った事
 07, 2017 08:47

ステキな声

ニュータートルトーク・:*+.\(( °ω° ))/.:+ #TDS #ディズニーシー

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -



先日、TDSにいってきた。
ニモにでてくるクラッシュがメインのアトラクション「タートル・トーク」がリニューアルされていた。
これ、大好き! 
つ 前回 http://dragon11net.blog45.fc2.com/blog-entry-1187.html
これの何が好きって、クラッシュの声がすき。

そしてここしばらく自宅仕事で大忙しの毎日。
さすがに疲れてくると、ラジコを開き、J-waveをかける。
金曜朝は、ジョン・カビラ氏のナビゲート、土曜よるはDJTARO氏。他にもイケメンみーんないい声。

アニメは大好きだけど声優には興味のない自分だが、ハッと気がつく。
「あ、こういうことね」
ステキな声、各々のテンポ、ひきこまれますねえ(●´ω`●)
日記・思った事
 02, 2017 01:06

新人の気分

さあGWです。
なんですがー!、今、新しいお仕事をもらっていて、今その仕事のための勉強をしている。Webのお仕事ではあるのだけれど、ちょっと勝手が違うのと、使うツールにも理解が必要だということで久しぶりに、あーでもないこーでもないと一日PC前に座っている。

新しい事と向き合う時は波にのるまで毎度アタマを抱える。子供の頃からずっとそんな感じ。
理解が遅い、タブンアタマ悪いんだろうな…
でも不思議なもので、ちょっとねかせとくとウソのように全部わかったりする。 自分ではこれを「熟成」と呼んでいる。あ、最近では「醸す」かな? とはいえ今回は仕事なので、「醸す」のは待っていられない。

誕生日イベントもおわって、日曜からずーっと環境設定やらツールのテストをしているが、やればやるほど自分の馬鹿さ加減がわかるというこの作業。ふっと、あー新人の時もこんなんだったなー と思い出した。
あの頃、アタマをかかえる⇒閃く⇒またアタマを抱えるを繰り返し、気がついたら出来てた状態。夏くらいまではしんどかった覚えがある。

新社会人だった時のGWは、緊張がとけず、勉強に集中もできず、かといって遊びにもいけなかった(-_-;)
流石にあの頃と同じような先が読めない感じはないけれど、ちょっとだけ、あの若き時代の「焦りと期待に満ちた感じ」を思いだして、ニヤリとしてしまった。
日記・思った事
 26, 2017 22:12

明日はPaulの日

明日はPaulのコンサート。
今日は武道館のセットリストをひらきながらの復習というか、予習というか…。

何度も聞いた曲。
Paul McCartney のその曲で、ヒトの声は美しいなと思い、
和訳をみて、自分でして、歌詞の切なさに涙した、カワイかった小学生から中学生の時代もあったw

Paulの曲というか、ビートルズのでも、是非歌詞を和訳してみてもらいたい。
小学生の時に後押ししてくれたのは、Hey Jude。
ぶっちゃけ小学生のわたしは、最初「柔道のうた?」と思っていたw
歌詞がわかりぐっときた。

語りだすとまらないので、今日はやめておこう…。だって
明日はコンサートだからね!(●´ω`●)