日記・思った事
 02, 2017 01:06

新人の気分

さあGWです。
なんですがー!、今、新しいお仕事をもらっていて、今その仕事のための勉強をしている。Webのお仕事ではあるのだけれど、ちょっと勝手が違うのと、使うツールにも理解が必要だということで久しぶりに、あーでもないこーでもないと一日PC前に座っている。

新しい事と向き合う時は波にのるまで毎度アタマを抱える。子供の頃からずっとそんな感じ。
理解が遅い、タブンアタマ悪いんだろうな…
でも不思議なもので、ちょっとねかせとくとウソのように全部わかったりする。 自分ではこれを「熟成」と呼んでいる。あ、最近では「醸す」かな? とはいえ今回は仕事なので、「醸す」のは待っていられない。

誕生日イベントもおわって、日曜からずーっと環境設定やらツールのテストをしているが、やればやるほど自分の馬鹿さ加減がわかるというこの作業。ふっと、あー新人の時もこんなんだったなー と思い出した。
あの頃、アタマをかかえる⇒閃く⇒またアタマを抱えるを繰り返し、気がついたら出来てた状態。夏くらいまではしんどかった覚えがある。

新社会人だった時のGWは、緊張がとけず、勉強に集中もできず、かといって遊びにもいけなかった(-_-;)
流石にあの頃と同じような先が読めない感じはないけれど、ちょっとだけ、あの若き時代の「焦りと期待に満ちた感じ」を思いだして、ニヤリとしてしまった。
ドラマ「光のお父さん」がはじまった。いま2話め。
キャッチコピーは
「僕のお父さんは、齢60を超える、光の戦士だ。」
TVドラマ:光のお父さん

これ自分が遊んでいる「ファイナルファンタジー14」(以下 FF14)のお話。
マイディーさんというブロガーさんが実際にした「親孝行」を、ドラマ化したものだ。
ブログとは話は違うが楽しめる。(面白いですよ~、マイディーさーん!)
ゲームを知らない人も楽しめると思うので是非みてみてくだされ。

FF14のゲームユーザーは、光の戦士と呼ばれる。
なんで主人公のパパは「光のお父さん」。
光のパパほどではないが、自分も十分「光のお母さん」レベルなので、ブログ連載時はかなり思い入れをもって読ませていただいていた。
そんな話しをしていたら、友達から「そういえば、アナタまだあのゲームしているの?」と聞かれた。
ええ遊んでますよ。
どっぷりと
相変わらず下手くそではありますが、次の拡張まで大きくやることもなくなったので、「フィースト」というPvP(プレイヤー同士が戦うやつ)というコンテンツにスッポリはまりこんでおります。上級者はランキングとかつけてやってるけど、自分はドヘタクソなのでそれはやめて、カジュアルなやつで遊んでおります。
500戦参戦したくらいから、問題が発生いたしました。
あれ?小指いたい?(´・ω・`)
色々考えたんだけど、、結局病院にいってないんだけど、、、どうもね、これは覚えのある痛み。
たぶんさ、疲労骨折…?
自己診断だから断定できないけど、以前やったときと同じ感じ。
それくらい、ゲームパッドを握りしめ過ぎて、机とスリスリしすぎてたってことで(・_・;)

今はどうしてるかって、ゲームはやめられないの!
だから、机の上にフカフカブランケットとか置いて、その上に手をおいとります( ー`дー´)キリッ

何事もほどほどにね^^ (自分)
IMG_0266.jpg

猫ノ記録
 28, 2017 06:00

触られたくないけど、離れたくない

何故わざわざ、ワシのペンケースにアタマを‥(●´ω`●) #猫

dragon11.Raiさん(@dragon11.rai)がシェアした投稿 -


邪魔なんだよね…。パソコンの脇、本とか何かおくと必ずアタマをのっけてくる。けど撫でようとすると、撫で方悪いと怒られるし…。
猫の微妙な距離感… このあとペンを出そうとしたら、フニャッ! と怒られた…
お出かけ・お散歩
 27, 2017 22:31

良き誕生日

20170427223236c45.jpg

Paulにバースデーを歌ってもらった❤︎
いや、みんなに歌ってるんだけどさ、
自分だけに歌ってくれたって考えた方が楽しいからねw

#OneOnOne

YouTube&web site
 27, 2017 09:16

同じ風景を変える


ちょいと都内まで打ち合わせにいった帰り、銀座のGsixへ。
年に数回いく乳腺外科の近くなんで、建てている時からきになってた。

Gsixのサイトを開くと、今はこのムービーが貼り付けられている。
大好き、カワイイ林檎ちゃんと、トータス松本殿が歌う「目抜き通り」!
ええ曲じゃ…。
早速あっぷるすとあで購入。
昨日は会社にiPodで聞きながら出社してみた。

朝の散歩をするじーちゃんばーちゃん(いや、わしも十分BBAだけどな)、
泣きぐずるBABYを連れ保育所に向かうイクメン、
雑草も咲き誇る春の風景は、一気に弾むリズムに色付けされた。

同じ事でも「気持ちが元気」なのと「病んでいる」のとでは、見え方がちがう。
自力でなんともならないときは、音楽だったり服だったり、テンションあげていってみようよ
何か違うものが見えてくるよね。